天然木のキューブ型しましま箸置き(神戸)

PRODUCT DESIGN

しましま箸置き|キューブ箸置きユニット New !
デスクトップのアナログ情報を集約する天然木製ステーション(神戸)
INFOWOOD|アナログ情報集約メモスタンド
罫線までまっ白なノート(神戸)
CIRO|白い罫線のノート
100色をめざすカラー罫線のノート(神戸)
iiro|カラー罫線のノート
ウルトラスエードを使用した万年筆をもてなすノート(ナガサワ文具センター|神戸)
LITERO|万年筆をもてなすノート
書くための封筒と包むための封筒(神戸)
神戸派封筒|書くための封筒/包むための封筒
縫って結ぶ封筒(神戸)
nuino|縫って結ぶ封筒
PRODUCT DESIGN of JIN SUGAHARA

菅原仁のプロダクトデザイン

CONCEPT


きちんとくらす

朝起きて顔を洗い、ひげを剃り、服に着替える。
料理をしたり、洗濯をしたり、掃除をしたり、靴を磨いたり・・・・・・

きちんとくらしていると、不足が見えてきます。
日常生活の中で「なんとかしのいでいること」が見つかります。

それをモノで、道具で解決することが、
プロダクトデザイナーの仕事だと思います。

だから、いつも考えています。
永年放置されてきた問題を解決できるような
ユニークな機能とカタチについて。

くらしの目線を大切に、
世の中に共感されるプロダクトを
たくさん育てたいと思います。

THEMES


プロダクトデザイン 3つのテーマ

発明主夫

40歳をすぎて、家事をすることになりました。
夕方になるとスーパーに出かけ、家族の食事をつくる。
仕事に追われるようになり、あせりも生まれ、いつもイライラしていました。

この状況を変えてくれたのが〈オリッシィ〉。
買い物を完璧に遂行するための〈折る〉チェックメモ。
スーパーの通路で思いついた、発明主夫的なプロダクトです。

〈オリッシィ〉のおかげで、家事はデザイナーとしての「個性」だと気づきました。
それ以来、料理をしながら、掃除をしながら、
くらしの観察を続けています。

美しい所作

人が働く姿を見るのが好きです。
大工さんや料理人が道具を操る姿勢には、
舞踊や落語のような、美しい「所作」を感じます。

使うと自然に、ふるまいが美しくなる。
そんなプロダクトはつくれないか?
近ごろは、所作がいちばん気になっています。

袱紗をモチーフにしたペンケース〈ロールペントレイ〉。
万年筆を優美にメンテナンスする〈スイト・クリーニングペーパー〉。
A3書類を折り目なく持ち運び、プレゼンするための〈A3ポートピット〉。

人と人が出会う場、人が人を評価する場で、
美しい所作を味方にしてはどうでしょう?
クリエイターやビジネスマンのセルフブランディングに
貢献したいと願っています。

コモディティ商品の再生

その昔、リビングの床に古い戸あたりが鎮座していました。
外すことさえできません。
悩みました。

高度成長期に成立して以来、
進化から取り残された「インテリアの異物」。
戸あたりは典型的なコモディティ商品です。

この衰退商品をなんとかしたいと思うようになり、
メーカー・建築家とともに開発に取り組み、
試行錯誤のすえ、〈トアトア〉は誕生しました。

キャッチコピーは「戸あたりだって、選ばれたい!」。
現代の多様なインテリア空間に対応できるよう、
9タイプ56種類をラインナップ。
空間設計のプロを中心に、静かな支持が広がっています。

成熟し、衰退していく商品や、時代遅れの技術に
とても興味があります。
アイデアひとつで再生は可能です。

その商品、
いつもとちがう角度から、
一度ゆっくり眺めてみませんか?

SERVICES


プロダクトデザインの業務

・ヒアリングと簡易調査による3C分析
・商品コンセプトの設定
・商品企画書の作成(4Pの設定)
・プロダクトデザイン(基本デザイン)
・プロダクトデザイン(量産デザイン)
ネーミング
ロゴデザイン
・パッケージデザイン
・プレスリリースの作成
グラフィックデザイン(カタログ・パンフレットの制作)
・ウェブデザイン(パートナー企業との協働)
・什器/POPのデザイン
・知財の戦略と管理(パートナー弁理士との協働)