PRODUCE

神戸派計画|ステーショナリーブランド(神戸)
kuuki|カナモノデザインブランド(大阪)
KoNCREAT|神戸ゆかりのクリエイターズブランド(神戸)
PRODUCE of JIN SUGAHARA

菅原仁のオリジナルブランド・プロデュース

CONCEPT


一隅を照らす

中小製造業のオリジナルブランドはマスを狙えません。
ボリューム層向けの大量生産は資本力のある大企業にまかせて、われわれは大企業が進出を躊躇するニッチ市場に、小さくてもコンセプトの際立つブランドを築きましょう。

一例ですが、ステーショナリーブランド「神戸派計画」では、万年筆用紙製品というきわめてニッチな市場を設定し、万年筆愛好家に慶ばれ、あるいは意表をつく商品の展開によって、圧倒的な支持を集めて成長しました。 →神戸派計画のfacebookはこちら

オリジナルブランド・プロデュースのコンセプトは「一隅を照らす」。
ニッチ市場にはたいてい光が当たりません。誰も知らない場所で、地味な努力を続けなくてはなりませんが、3年続ければ眺望が開けます。みずから輝き、小さな市場を照らす日を夢見て、プロセスを楽しみながら、オリジナルブランドを育てていきませんか?

WORK FLOW


オリジナルブランド開発の流れ

経営者とともにブランド戦略を立案し、特命チームを中心に商品開発とブランドづくりを同時に進めます。写真撮影・ホームページ制作・知的財産の出願以外は、ほかの専門家を雇う必要はありません。

1. ヒアリングと3C分析

社長・役員をはじめ、社内の各階層からキーパーソンを選び、ヒアリングを行います。企業の強みと課題を洗い出し、市場におけるポジションおよび競合との関係を確認します。

2. ブランド戦略の立案

3C分析の結果をもとにブランド戦略を立案します。企業全体のブランディング、オリジナルブランドと新商品開発などを経営者とともに総合的に考え、ビジョンを共有します。

3. ブランド戦略の実行

30代の中堅社員を中心に特命チームを編成し、定期会合を重ねてブランド戦略を実行します。この活動を通して、デザインをハンドルできる人材を育てます。

4. オリジナルブランドの計画

ブランドの目的・参入市場・ターゲット・開発条件などを設定し、方向性を定めます。

5. ブランドネームとブランドロゴの開発

ブランド計画をもとに、商標登録可能なネーミングとロゴデザインをご提案します。
菅原仁のロゴデザイン実績はこちら

6. 新商品の企画とプロダクトデザイン

ブランド計画をもとに、新商品の企画書とプロダクトデザインをご提案します。
菅原仁のプロダクトデザイン実績はこちら

7. ブランディング(VIデザイン)

ブランド計画にもとに、ヴィジュアル面のコンセプトを定め、名刺・封筒・パンフレット・ホームページなどへ展開します。
菅原仁のブラディング実績はこちら

8. 知的財産の出願

パートナー弁理士と協働して、ブランドと商品の商標・意匠・特許などを出願します。

9. 開発とフローの確立

特命チームと協働して、商品企画書を実現可能な仕様書にまとめ、開発に着手します。基本デザイン・試作検証・量産デザインのプロセスを経て、商品を市場に届けます。同時に、デザイン性の高い商品を継続して生み出せる「開発フロー」を策定します。

10. プロモーションの確立

パッケージ・カタログ・ホームページ・プレスリリースなどを作成し、売り手や使い手、メディアとのコミュニケーションをデザインします。

11. 展示会のプロデュース

展示会に出展します。ブランドコンセプトにマッチするブースデザインにより、ターゲットとメディアに訴求します。

12. デザイン人材の育成

10年以上教育に携わってきた経験を生かし、OJTで人を育てます。ブランドづくりの活動を通して、協力デザイナーの能力を上手に活用できる人材を育てましょう。
人が育てば、ブランドもデザインも必ず企業に根付きます。

CONTACT


お問い合わせ

業務の詳細、ご相談、お見積りは、ご遠慮なくお問い合わせください。
相談料はいただいておりません。
コンタクト:info@jinatelier.com

ブランドプロデュースについては、以下の原則を守っております。
・1業種につき1社(あるいは1商品分野につき1社)
・同時並行で3社まで

また、パフォーマンスを発揮できない業種や商品分野もあります。
お引き受けできるかどうか、慎重に検討いたします。
あらかじめご了承ください。

菅原 仁